この季節になると思い出すフレーズ。

春は桜がとても綺麗な季節です。日本を象徴するような植物ですね。

「散る桜、残る桜も散る桜」というセリフが頭に浮かびます。
男たちの大和という映画の中のセリフでした。

“この季節になると思い出すフレーズ。”の詳細は »

相続の手続きで難しいこととは何か

もちはもちやといいますが、わからないことは専門家におまかせください。

相続と聞くと何を思い浮かべるでしょうか。
人により違いがあると思います。


“相続の手続きで難しいこととは何か”の詳細は »

寒い季節です。体調にはお気を付けを。

自分だけではなく、皆で体調に気をつけていきます。来年も良い年にしたいです。

年の瀬がせまりました。
もう幾日かで2014年が終わります。
2015年はどんな年になるのでしょうか。


“寒い季節です。体調にはお気を付けを。”の詳細は »

遺留分減殺請求とはなんでしょう

遺留分減殺請求をする前には、財産の調査をする必要があります

「遺留分」とは、兄弟姉妹以外の法定相続人が相続に際して、
法律上取得することを保障されている相続財産の一定の割合のことをいいます。

“遺留分減殺請求とはなんでしょう”の詳細は »

原則のその例外があるので相続税に注意をする

遺産をどう分けるのかの協議を完了しておくと、相続税のいろいろな特例を使えるのだ。

以下この条において「特例対象宅地等」という。)がある場合には、当該相続又は遺贈により財産を取得した者に係るすべての特例対象宅地等のうち、当該個人が取得をした特例対象宅地等又はその一部でこの項の規定の適用を受けるものとして政令で定めるところにより選択をしたもの(以下この項及び次項において「選択特例対象宅地等」という。)については、限度面積要件を満たす場合の当該選択特例対象宅地等(以下この項において「小規模宅地等」という。)に限り、相続税法第十一条の二 に規定する相続税の課税価格に算入すべき価額は、当該小規模宅地等の価額に次の各号に掲げる小規模宅地等の区分に応じ当該各号に定める割合を乗じて計算した金額とする。
“原則のその例外があるので相続税に注意をする”の詳細は »

法律できまっているのだからそれをよく見よう

受け取れる相続の財産を誰がどうするのかは自由だが、品を求めよう。

寄与分の相続人の中に、被相続人(亡くなった人)の財産に貢献した人がいる場合。これを無視して相続分を計算すると不公平になってもめごとの原因になります。
“法律できまっているのだからそれをよく見よう”の詳細は »

相続税の課税の対象になる財産とは

事業用や居住用に使っている土地は相続のときに評価額を大幅に下げてもらえるという特例を小規模宅地等の評価額の特例といいます

相続税の課税対象になる財産とはどのようなものでしょうか?一般的な原則としては
★相続や遺贈によって得られた財産
★死因贈与で得られた財産
★その他民法上財産と疑われるものとなっています。
“相続税の課税の対象になる財産とは”の詳細は »

相続と税は離れられない強い関係をもっている

生命保険は相続対策に有効な活用をすることもできます。平成23年には相続税の大改革が予定されており、審議で、相続税は増税の方向になっています。

相続による財産の取得については、一部は残された家族への生活費の継承ではありますが、ある意味無償の財産取得となるため、この一時所得を国家全体の福利に還元するために相続税が課税されることになっています。
“相続と税は離れられない強い関係をもっている”の詳細は »

相続のためにする生前行為

推定相続人に関する生前贈与や特別受益、事前の分配や、死因贈与、生命保険金の請求などが生前の手段としては 有効に使われているものです。

遺産分割とは、相続人および相続財産の範囲の確定などが前提とされていますがしばしば、争いごとを含んでいます。

被相続人は、生前に争いごとを防ぐ意味でも紛争予防としての遺言や生前の行為(贈与など)を行うことで相続が開始されていない生前から準備をしていく必要もあるでしょう。
“相続のためにする生前行為”の詳細は »